巻爪矯正はこちらから

ダイエット・・食事制限を成功させるポイント!その3

福岡市南区骨盤矯正ダイエットができる痩身エステサロンBloom

 

時計遺伝子によって、体内時計が働いています。

そして、同じ食事でも、昼間と夜では、脂肪蓄積の量が変わってくる・・となると、カロリーを抑えるだけでなく、食事の時間帯を考える必要もあるワケです。

 

 

脂肪を溜め込む働きをする時計遺伝子「BMAL1」は、夜に急増します

余計な脂肪の蓄積を抑えるためにも、夕食の時間を工夫しましょう。

 

★夕食は20時までに済ませる

「BMAL1」は、22時から急増して、夜中の2時まで増えていきます。

 

そのため、22時までに食事を消化しておいた方がいい・・20時までには済ませましょう。

 

★夕食が遅い場合

どうしても遅くなる時は、出来るだけ低カロリー、低糖質の食事にしましょう。

また、消化の良いものを摂取しましょう。

 

★食事を抜くのはNG

夜遅くなると、その分、「BMAL1」も増加しているので、脂肪を蓄えやすい・・

となると、食事を抜く。これは絶対にNGです。

 

食事を抜くと、次の食事(朝食)までの時間が空きすぎます。

 

すると、カラダが「飢餓」と認識してしまい、より多くの栄養を吸収しようとするため、脂肪蓄積の原因になります。

 

また、食事によって血糖値が急激に上昇しますので、インスリンが多く分泌されてしまい、脂肪を溜め込んでしまいます。

 

★食事が遅くても、寝る時間を遅らせない

消化吸収のために・・と遅く寝るのもNG。脂肪燃焼を促す「成長ホルモン」の分泌がわるくなるので、痩せにくくなります。

 

夕食を工夫することで、脂肪の蓄積を抑えることにつながります。

 

ただし、これらはあくまでも時計遺伝子が正常に働いている状態・・時計遺伝子が狂ってしまうと、お昼の脂肪蓄積が多くなったり、脂肪燃焼が悪くなったりします。

 

 

時計遺伝子を整えていきましょう!

時計遺伝子は、1日25時間にセットされていまので、睡眠時間や起床時間がずれると、カラダのリズムが狂うことになります。

 

★休日はゆっくり寝る

気持ちはわかりますが、出来るだけ時間差がないようにしましょう。

また、脳の時計遺伝子は、朝日を浴びるとリセットされます。

 

どうしても昼過ぎまで眠りたい場合は、1度起きて朝日を浴びたあと、再び眠った方がいいそうです。

 

★朝食はきちんと摂る

内臓の時計遺伝子は朝食を摂ることでリセットされます。

そのため、朝食を摂ると消化器官が活性化されるので、代謝機能のUPにつながります。

 

逆に、朝食を抜くと、代謝が低下します。

 

 

規則正しい生活をしていない・・というあなた。体内時計を正常に戻すためにも、明日から3週間、同じ時間に起床するようにしましょう。

 

カラダのリズムが整えば、ダイエット効果も期待できると言えます。