巻爪矯正はこちらから

ダイエット・・食事制限を成功させるポイント!その4

福岡市南区骨盤矯正ダイエットができる痩身エステサロンBloom

 

食事によって摂取した栄養(糖質)は、カラダのエネルギーとして使われます。

ただし、摂取量が多いと、エネルギーが余ってしまい、脂肪として蓄積されてしまいます。

 

同じ食事でも、食事の時間帯で脂肪蓄積を抑えられる。実は、脂肪蓄積を抑える方法は、もう1つあります。

 

その前に、まずは、脂肪蓄積の仕組みを理解しましょう。

 

 

食事が脂肪になるまでの道

食事によって吸収された糖分が血中に入り、全身を巡ると、血糖値が上がります。

すると、インスリンというホルモンが分泌され、糖質を内臓や筋肉などに運び込み、血中の糖質を処理していきます。

 

ただ、筋肉や内臓など、容量が決まっています。

必要エネルギーよりも多い糖質は、上限の無い脂肪細胞に運ばれるのです。

これが、脂肪蓄積です。

 

 

インスリンの分泌が多い

食べ過ぎなどで糖質を過剰摂取すると、血糖値は急激に上昇してしまいます。

すると、血糖値を下げるために、インスリンの分泌量が増えてしまいます。

 

するとどうなるか・・

 

糖質をどんどん細胞に運ぶ→エネルギーとして使うには時間がかかるので、入りきらない→次の糖質を運ぶためにも、さっさと処理したい。

 

結果、脂肪細胞に溜め込んでしまうのです。

 

インスリンの分泌量が増えると、脂肪蓄積が多くなるのです。

また、血糖値を下げすぎてしまうので、お腹が満たされない・・これは最悪ですね。

 

 

食べる順番で、血糖値の急激な上昇を抑える!

インスリンの分泌が増える原因は、血糖値の急激な上昇。

 

となると、血糖値の上昇を緩やかにすれば、脂肪蓄積も抑えられることになるワケです。

 

同じ食事でも、食べる順番を変えるだけで、血糖値の急激な上昇を抑えることが出来ます。

 

①野菜などの食物繊維

食物繊維は、血糖値の上昇を抑える作用があります。

また、脂質や糖質の消化吸収を遅らせることにもなります。

 

②汁物

水分はお腹に貯まるので、満腹感を得られやすい。

食欲を抑える効果があります。

 

③肉や魚などのタンパク質

タンパク質は、消化吸収が遅いので、腹持ちがいい。

そのため、糖質の過剰摂取を抑えることになります。

 

④ごはん、麺類などの炭水化物

炭水化物は糖質なので、血糖値の上昇の原因。

最後に食べることで、自然と量を減らせます。

 

脂肪蓄積を抑えるためにも、食べる順番をしっかりと守りましょう。

 

 

食事制限を成功させるポイント

食事にかける時間、食事の時間帯、食べる順番。

これらのポイントをしっかりと押さえておきましょう!