巻爪矯正はこちらから

ダイエット・・食事制限を成功させるポイント!その1

福岡市南区骨盤矯正ダイエットができる痩身エステサロンBloom

 

ダイエットするとなると、まず考えるのは食事制限。

食事の量を減らしたり、特定の食べ物ばかりを摂取したり・・食事制限にも様々な方法があります。

 

しかし、頑張っても成果がない、なかなか続かない、リバンドするなど・・食事制限はそう簡単ではありません。

 

 

①どうやって食欲を抑えるか?

カロリーを抑えると、脂肪蓄積も抑えられる・・確かにそうです。

 

けれど、食欲を抑えるのは簡単ではありません。食べたいものは食べたいし、満腹にならないと満足できない・・食事制限は我慢との戦いですね。

 

これを解決できれば、無理なく食事制限を続けることが出来ると言えます。

 

 

②どうやって脂肪蓄積を抑えるか?

そもそも食事制限は、摂取カロリーを減らすことが目的だと思いますが、カロリーを抑えたところで、脂肪蓄積を防ぐことになるのでしょうか・・?

 

同じ食事でも、脂肪の蓄積を少なくする事ができれば、食事制限の効果が現れると言えます。

 

この2つが、食事制限を成功させるポイントになります。

 

 

まずは、「食欲を抑えるには・・?」

 

この答えを出すには、空腹と満腹を理解する必要があります。

 

 

満腹を感じる理由・空腹を感じる理由

私たちは、血中の糖質量が減る(血糖値が下がる)と、脳が「エネルギーが足りない」と認識して、カラダにエネルギー補給を指示します。これが、空腹を感じる理由です。

 

逆に、血糖値が上がると、「エネルギー補給が完了した」と認識して、満腹を感じることになります。

 

 

満腹を感じるには、時間がかかる

血糖値が上昇すると、満腹中枢が刺激され、お腹いっぱいと感る・・食欲を抑えるには、この、血糖値上昇を利用すれば言いワケです。

 

ただし、食事をしたら、すぐに血糖値が上がるワケではありません。

 

食事によって吸収した糖質が血中にはいり、全身を巡るまでには時間がかかります。

その時間は約20分です。

 

早く食べてしまうと、満腹を感じる前に食べてしまう・・食べ過ぎるのです。

 

 

よく噛んで食べることが大切

血糖値の上昇まで、時間をかけて食べると、その分、食欲を抑えられます。

 

ただし、満腹になる理由は、胃の拡張にも関係していますので、ダラダラと食べても、胃が満たされないと、いつまでも食べてしまうことにもなります。

 

大切なのは、よく噛んで食べることです。よく噛むと、自然に時間がかかります。

そして、噛むという行為が、消化器官を活性化しますので、満腹を感じやすくなります。

 

また、食事でのエネルギー消費量も多くなります。

 

食事制限を無理なく続けるポイント・・よく噛んでゆっくり食べることです!