巻爪矯正はこちらから

変形性膝関節症の原因はハイヒールにあった

膝の関節となる大腿骨・腓骨・脛骨の表面は、軟骨に覆われています。

この軟骨が、膝関節への衝撃を和らげたり、動きをスムーズにする役割をしています。

 

加齢・筋力不足・肥満・オーバーユースなどの原因によって、関節軟骨が磨り減り、膝関節が変形や炎症を起こす疾患を「変形性膝関節症」といいます。

発症の初期段階では、痛みが長続きしないため、そのままにしてしまうケースが多いようです。

 

しかし、そのままにしていると、症状が悪化してしまい、痛みの増強・膝の屈伸運動が困難となり、日常生活に支障をきたすことになります。

炎症により、腫れや熱を持ったり、骨の変形により、膝を動かすと「ゴリゴリ」とした音を感じることもあります。

 

症状が悪化すると、日常生活に著しい支障をきたすことになります。

足は第二の心臓と言われます。膝の痛みによって、歩くことが困難となれば、カラダ全体にさまざまな影響を及ぼすことになします。

膝に異変を感じら、早めに病院を受診するようにしましょう。

 

中高年の膝痛・・9割が「変形性膝関節症」です。

階段が辛い・長時間、歩けない・膝の曲げ伸ばしが困難など、膝の痛みに悩んでいませんか?

中高年の悩みで、特に多いと言われるのが「膝の痛み」です。

 

そして、膝痛を起こす疾患で最も多いとされるのが「変形性膝関節症」です。

膝関節の軟骨がすり減ることで、骨同士が接触しやすくなり、骨の変形や炎症を起こすことで、膝の痛みを起こします。

 

私たちのカラダを支えている、骨・軟骨・筋肉・などは加齢とともに、衰えて行きます。

変形性膝関節症は、加齢に伴い、膝関節が負担に耐えられずに、悲鳴をあげている状態です。

 

しかし、加齢は病気ではありませんので、止めることが出来ません。

また、磨り減った軟骨は、元の状態に戻すことは出来ません。

しかし、痛みの改善・症状の悪化を防ぐことは出来ます。

 

では、どのような治療を行えばいいのでしょうか??

膝関節に掛かる負担を軽減することが大切となります。膝関節は、周囲の筋肉や靭帯によって支えられています。

そのため、これらの働きをよくすれば、膝関節に掛かる負担を軽減することが出来ます。

 

ただ、闇雲に鍛えても、筋肉が緊張して硬くなってしまうので症状は悪化してしまいます。

そのため、痛みの状態などを医師に伝え、相談しながら治療していくことが大切です。

年のせいだからと諦めずに、しっかりと治療していきましょう。

 

なぜ女性に多い?・・変形性膝関節症

膝関節の軟骨の磨り減りなどによって、関節の変形や炎症が起こるとで、膝の痛みを起こすことを「変形性膝関節症」といいます。

ケガや病気が原因となる場合もありますが、多くは、加齢や筋力不足、肥満、無理な動作などが、膝関節への負担となり、関節軟骨のすり減りを起こすと言われています。

中高年の方に多い病気で、特に女性に多いと言われています。

 

膝にかかる負担の蓄積が原因であるのなら、なぜ女性に多いのでしょうか・・?

女性は男性よりも筋力が弱いため、関節をしっかりと支えることが出来ず、膝関節にも余計に負担がかかってしまうと言えます。

また、女性ホルモンにも関係していると言えます。

 

女性の骨盤は、生理周期などで開閉します。

そのため、女性ホルモンには、骨盤周囲の靭帯を緩めたり固くしたりする働きがあるのです。

しかし、この働きは、骨盤周囲の靭帯だけでなく、カラダ全体に作用するため、当然、膝関節の靭帯にも影響します。

 

靭帯が緩んでしまうと、膝関節を支えることが出来ず、靭帯が硬くなると、関節の動きが悪くなる・・結果、膝関節に負担がかかりやすくなるという訳です。

特に、更年期を迎えると、靭帯を柔らかくする作用のある女性ホルモンが急激に減少してしまうので、関節の動きが悪くなるため、変形性膝関節症を起こしやすくなると言えます。

 

ハイヒールは、変形性膝関節症になりやすい?!

膝関節の軟骨がすり減ることで、関節の炎症や変形を起こす疾患を「変形性膝関節症」といいます。

膝関節を動かすときに、骨同士の擦れあいや炎症などの痛みを起こします。

 

初期症状では、痛みはすぐに治まりますが、症状が悪化すれば、膝の曲げ伸ばしが困難となり、歩行障害を起こすこともあります。

軟骨が磨り減ってしまう根本的な原因は、膝関節に掛かる負担です。

そのため、膝関節に掛かる負担を軽減することが、予防につながります。

 

歩くとき・座るとき・階段を上り下りするときなど、膝関節には大きな負担がかかっています。

そして、通常よりも大きな負担をかける要因があります。それは、ハイヒールです。

ハイヒールは、踵が高いため、どうしてもカラダの重心が不安定な状態となります。

 

となると、膝にかかる重心も偏ってしまいます。

重心が傾けば、特定の部分の軟骨ばかりに摩擦が生じるため、すり減りやすくなります。

ハイヒールに限らず、不安定な靴は、膝関節に大きな負担をかける要因となるわけです

 

変形性膝関節症の予防方法

私たちのカラダには、沢山の関節があります。関節には、カラダを動かす機能とカラダを支える機能があり、日常生活の動作において、常に負担を背負っています。

加齢とともに、筋肉や靭帯・骨・軟骨は衰えてしまうため、当然、関節の働きにも影響を及ぼします。膝の関節軟骨の磨り減りや骨の変性によって、膝関節に痛みを起こすことを「変形性膝関節症」といいます。

中高年以降の方に多いとされる疾患です。

 

加齢によるものだから、どうしようもない・・と思う方もいらっしゃると思いますが、関節の老化を遅くすることは出来ます。

骨や軟骨にかかる負担が大きくなれば、当然、老化変性も早くなります。

となれば、日常生活において、膝関節にかかる負担を軽減すれば、変形性膝関節症の予防に繋がると言えます。

 

膝関節を支えているのは、周囲の筋肉や靭帯です。

そのため、筋肉を付けることで、負担を軽減できます。

しかし、使いすぎて筋肉が硬くなると、関節の可動域も狭くなってしまうため、動きによる負担が大きくなります。

 

そのため、適度な運動で、膝周辺の筋肉を柔軟に鍛えることが大切です。

また、体重増加も膝関節への負担を大きくします。

太り過ぎには、注意しましょう。

ただし、無理な食事制限はダメです。骨や軟骨に必要な栄養素をきちんと摂取するようにしましょう。

 

骨盤の歪みは、変形性膝関節症の原因になる?

骨盤は、上半身と下半身をつなぐ役割があります。

骨盤に歪みが生じれば、カラダ全体に歪みを起こしていくことになります。

骨盤が傾くと、大腿骨が捻じれていき、股関節や足首の動きにズレを起こします。

 

すると、脚の重心が、外側や内側に偏ってしまい、脚の筋肉バランスが崩れてしまいます。

重心側の筋肉は、使われてばかりのため、緊張で硬くなります。

硬くなった筋肉に、膝関節が引っ張られていき、О脚やX脚といった脚の歪みを起こしてしまいます。

骨盤の歪みは、大腿骨・股関節・膝関節・足首にも歪みを起こすという訳です。

 

歪みがあれば、周囲の筋肉の働きも悪くなり、関節の動きにも支障をきたすため、負担が蓄積されます。

脚に歪みがあっても、痛みを感じることがないので、そんなに気にする人はいないと思います。

 

しかし、そのままにしていると、知らず知らずに負担が蓄積されてしまい、変形性膝関節症を起こしてしまうことになります。

実は、日本人の約80%は、О脚に該当すると言われています。

自分は大丈夫と思っているあなたも、予備軍かもしれません。

痛みの症状が現れる前に、骨盤を整えて脚の歪みを改善しておきましょう。