巻爪矯正はこちらから

産後尾てい骨痛の原因は?

産後、腰痛に悩む方は少なくありません。

それと同時に、腰の下部、お尻の上部分の尾てい骨(尾骨)周辺に痛みを起こす事もあります。

 

尾てい骨は、背骨の最先端にある細く尖った骨で、骨盤の仙骨に繋がっています。

そのため、産後の尾てい骨痛は、出産や産後に起こる骨盤の動きに関係していると考えられ、骨盤が整えば、痛みは改善すると言えます。

 

産後に尾てい骨が痛い・・原因はなに?

尾てい骨(尾骨)は、背骨の一番下にある尖った骨で、お尻の割れ目の上ほどにあります。

しっぽが退化した跡とも言われる骨で、かなり細いため、簡単に曲がってしまいます。

 

尾てい骨は、骨盤を構成する骨の1つなので、妊娠や出産、産後に骨盤が大きく変化することで、何かしらの影響をうけて、痛みを起こすことがあります。

産後に、尾てい骨の痛みや違和感がある方は、骨盤の動きに関係していると言えます。

 

妊娠・出産で骨盤が開くことで、尾てい骨周辺の筋肉が緊張(収縮)したり、尾てい骨が歪むなどで、痛みを起こします

産後、開いた骨盤は3~4ヶ月で閉じていきますが、骨盤が不安定・歪みを起こしたなど、骨盤の状態に大きく関係しています。

痛みを改善するには、骨盤を整える必要があります

痛みがあまりにひどい場合は、骨折なども考えられるので、病院で診察を受けるようにしましょう。

 

痛くて座れない・・産後の尾てい骨痛

尾てい骨(尾骨)とは、骨盤の中心となる仙骨に続く先端にある骨で、尖った形をしています。

とても細い骨なので、衝撃や負担によって、安易に歪んだり曲がったりします。

 

尾てい骨に痛みがあると、寝返りが打てない・柔らかい所にしか座れない・歩くと痛みが響くなど、生活に支障をきたすことが多いようです。

お尻を強打したり、打撲したりなど直接的な衝撃で痛みを起こすことが多いですが、産後に痛みを感じる方も少なくありません。

産後に痛みを起こす原因は、骨盤の開閉に関係していると言えます。

 

骨盤を構成する骨は3つ・・仙骨、寛骨(腸骨・恥骨・坐骨の総称)、尾骨です。

尾てい骨は骨盤の骨の1つなのです。

そのため、妊娠や出産で骨盤が大きく開けば、尾てい骨にも影響します。

 

産後は、骨盤が不安定な状態のため、尾てい骨にかかる負担が増えてしまいます。

そのため、周囲の筋肉や靭帯の強張りや、尾てい骨の歪みを起こして、痛みが現れることになります。

妊娠、出産、産後は、大きなお腹による負担や、変化したカラダが元の状態(妊娠前のカラダ)に戻る負担などにより、カラダにさまざまな不調を起こします。

 

そのため、多くは、カラダの回復に伴い改善していくことになりますが、尾てい骨痛の場合は、痛みの原因が、骨折やヒビということもあります。

我慢出来ないほどの痛みや、痛みが改善しないで長引く場合は、迷わずに専門医を受診するようにしましょう。

 

産後の尾てい骨の痛み・・原因は筋肉の緊張です。

お尻の割れ目の上部分に、触ると出っ張っている骨があるのが分かると思います。

これが尾てい骨(尾骨)です。脊椎(背骨)の一番先端にある、とても細い骨です。

 

触って分かる部分にあるということは、外からの衝撃や負担などを受けやすく、安易に曲がったり歪んだりします。

尻モチで強打したり、打撲などの衝撃が繰り返されると、ヒビ・骨折なんてことも少なくありません。

小さい割に、痛みがあると、寝返りが打てない、歩くのが困難、座ることが出来ないなど、生活に支障をきたすことがある、厄介な骨です。

 

産後、尾てい骨の痛みを感じる方は少なくありません。

尾骨は骨盤の骨の1つなので、妊娠・出産によって骨盤が大きく開くこと・産後の骨盤が不安定なことなどが、産後の尾てい骨痛の大きな要因と言われています。

 

産後に尾てい骨の痛みを起こすのは、骨盤の歪みと関係しています。

出産で大きくなった骨盤は、産後3~4ヶ月で締るため、それまでは、不安定な状態です。

たとえ締まったとしても、正しく締まらずに、ズレや傾きなどの不具合が生じることがあります。

これが、「骨盤の歪み」です。

 

骨盤の歪みとなる原因は、骨盤の仙骨と寛骨をつなぐ「仙腸関節」に不具合です。

仙腸関節は、前後左右に数ミリの可動域があり、カラダの衝撃や重みを負担を逃がす機能があります。

歪みによって、この機能が悪くなれば、上体の重みや衝撃が、腰や尾てい骨周辺位に重くのしかかることになります。

となれば、重みを支える筋肉に大きな負担がかかり、痛みを起こすことになるという訳です。

 

筋肉は、使いすぎても使われなくても、緊張(収縮)で硬くなってしまいます。

筋肉の緊張が続くと、血管やリンパ菅を圧迫してしまうため、回復に必要な栄養や酸素が不足してしまいます。

結果、疲労の蓄積で正常な働きが出来なくなる=筋肉のコリや痛みとなります。

 

産後の尾てい骨痛は、骨盤の歪みと筋肉の働きを整えることで、改善出来ます。

そのため、整体院や接骨院などでの治療が、改善の近道になると言えます。

 

骨盤が開くと、どうして尾てい骨に痛みが起こるのでしょうか?

それは、尾骨周辺の筋肉の緊張が原因と言えます。

筋肉の緊張とは、筋肉収縮の張力のことで、筋肉が緊張=強ばった状態になります。

妊娠すると、骨盤を広げるために、靭帯を緩めるホルモンが多く分泌されます。

 

産後、ホルモンは減少していきますが、靭帯は緩んだままです。そのため、骨盤も尾てい骨も不安定な状態となります。

それを支える周囲の筋肉は、緊張で強ばってしまいます。

 

産後は筋力が低下しているため、緊張が高まり、筋肉が固まってしまいます。

筋肉の緊張が続くと、血管を圧迫してしまい、筋組織が酸欠となります。

これにより、痛みやコリを起こしてしまいます。

また、出産によって尾てい骨が歪むと、周囲の筋肉の負担が大きくなり、痛みを起こします。

 

産後の尾てい骨痛は、どこで治せばいいのか・・

お尻を強打した、外傷を受けたなど、何らかの衝撃が原因で、尾てい骨に痛みを感じる場合は、骨や筋組織の損傷が考えられますが、産後の場合は、これといって思い当たる原因がないので、どうしたらいいのか悩んでしまうと思います。

 

産後の不調なので、産婦人科で受診することがいいと思いますが、多くの場合は、「しばらくすれば治ります」と、鎮痛剤などの薬の対応で終わってしいます。

また、整形外科などで検査を行っても、骨に異常がなければ、原因が分からないとされ、結果、処置的治療で終わることも少なくありません。

 

薬を服用によって、症状は改善されますが、しばらくすると、痛みを繰り返してしまうこともあります。

これでは、一時的な改善でしかありません。

 

根本的な痛みの原因を理解して、治療していくことが、正しい改善方法と言えます。

骨に異常がないのなら、原因は、周囲の筋肉です。

となれば、カラダを整える整体院や接骨院での治療が適切かもしれません。

 

産後の尾てい骨痛、改善するには?

出産による骨盤の変化が、産後の尾てい骨痛の原因とされます

骨盤がゆがみを起こすことで、骨盤の一部でもある尾てい骨にも歪みが生じ、痛みを起こすことになります。

痛みを改善するには、骨盤の歪みを改善する必要があります。

 

ただ、尾てい骨が曲がっている場合は、骨盤を正しい位置に戻しても、痛みが改善しない場合があります。

では、どうしたラいいのでしょうか・・実は、痛みの根本原因は、骨の歪みを支えることで周囲の筋肉が緊張したことにあります。

 

筋肉は緊張すると強張り、疲労が蓄積されてコリや痛みを起こします。

尾てい骨の痛みを改善するには、骨盤の歪みを整えるとともに、骨盤周囲の筋肉を柔軟にして、バランスよく保つことが大切です。