巻爪矯正はこちらから

痩せるのはそう簡単じゃありません

久しぶりに友人と出会い「太ったね・・」と言われて、ダイエットに挑戦!太るのは簡単なのに、痩せるのはそう簡単じゃありません。

蓄積された脂肪を燃焼するには、時間もかかります。

なら、燃焼しやすいカラダにすればいい。どうすればいいのか?

難しく考えることは、ありません。カラダを正しく使っていくことが、痩せやすいカラダを作るのです。

エネルギー消費

そもそも「太る」のはなぜでしょうか?カラダに取り入れたものが、体内に残ってしまっているから。

要するに、食事などで取り入れた栄養が、エネルギーとして消費する量より多く、カラダに溜まって蓄積されてしまった状態です。では、食事の量を減らし、運動などで、より多くのカロリーを消費すればいいのです。が、そう簡単にはいきまん。

痩せにくいのは、キチンとエネルギー消費ができていないのです。では、どうすればいいのか・・?

食事などで取り入れたものを、エネルギーとして消費することを「代謝機能」と言います。

代謝機能は、古い細胞を新しいものに変えるときにエネルギーを使う「新陳代謝」と生命維持や運動などでエネルギーを使う「エネルギー代謝」があります。

エネルギー代謝は大きく3つに分かれますが、1日のカロリー消費量の60~70%が、安静時に呼吸をする・心臓や内臓を動かす・体温を保つなどの生命維持に使う「基礎代謝」と言われています。

そのため、基礎代謝が上がれば、運動量が少なくてもカロリーを多く消費することが出来る訳です。また、新陳代謝は老廃物を排出する役割がありますので、新陳代謝が良くなれば、老廃物を多く作り、発汗などで排出することが出来ます。

ただし、代謝機能を上げるだけで痩せられる訳ではありません。蓄積されたものを燃焼するには、食事以上にカロリーを燃焼する必要があります。

激しい運動をしなくても、適度にカラダを動かして、活動代謝などでエネルギーを使う必要があります。

カラダの歪み

代謝機能をよくするには、血液の流れ・リンパの流れ・筋肉の働きが重要となります。血行が悪いと、内臓機能の低下・体温調節に影響するため、基礎代謝・新陳代謝が悪くなります。

リンパの流れは、老廃物を運搬して排出する機能があるため、新陳代謝に影響します。筋肉がないと、代謝機能は悪くなるとされます。

さらに筋肉が、正常な働きをしないと、血行やリンパの流れを悪くするのです。そして、筋肉の働きを悪くするのが、カラダの歪みです。カラダに歪みあると、代謝機能だけでなく、さまざまな機能が低下することになります。

歪みを改善して、カラダを正しく使うことで、各機能が正常に働けば、痩せやすいカラダを作ることになるのです。