巻爪矯正はこちらから

血行が悪くなれば、代謝機能も低下します

なかなか思うように痩せない・・ダイエットに挑戦しても、成果が見えないと、やる気は無くなっていきます。

結果、面倒になって継続できない。ダイエットを断念するのは、こんな感じでしょうか?

そもそも、なぜ太っていくのでしょうか・・カラダに余分なものを蓄えているからです。余分なものを蓄える原因を改善していきましょう。

リンパの流れ

太る原因の一つとして、老廃物や余分な脂肪が溜まっていることにあります。

私たちの体には、リンパ液が流れています。この流れが悪くなると、老廃物や余分な脂肪がカラダに滞ることになります。血液は心臓から動脈をとおり、各細胞に酸素や栄養を送ります。

そして、静脈を通り心臓へ、心臓から肺へいき、新鮮な酸素をもらい心臓に戻り、再び動脈で流れていきます。この時、静脈が回収できなかった組織液をリンパが回収して運搬します。

この時、細胞の代謝によって作られた不必要なモノ(老廃物)や余分な脂肪・余分な水分・細菌などの有害物質も含まれています。有害物質を除去して、リンパ節で老廃物やよぶんな脂肪を濾過して、再び静脈と合流します。

リンパには、血液に余分なものを入るのを防ぎ、それを排出する「排泄機能」と有害物質を除去する「免疫機能」があるという訳です。

リンパには、心臓のようなポンプ機能がないため、リンパ管自体の作用と筋肉の働きによってゆっくりと流れています。リンパマッサージなどは、体外からの刺激で、リンパの流れを手助けするものです。

リンパの流れが悪くなると、老廃物や余分なものが、体内に滞って、むくみ・セルライトをつくることになります。むくみにより、血行も悪くなります。

血行が悪くなれば、代謝機能も低下しますので、脂肪が蓄積されます。

カラダの歪み

血液やリンパの流れを促進すれば、代謝もよくなり、余分なものを排出することが出来るのです。

流れを妨害しているもの・・カラダの歪みです。例えば、ゴムホースから水を流すとします。

ゴムホースが捻れていれば、当然、流れが悪くなります。捻れた手前には、流れることが出来ない水が溜まります。私たちのカラダも、歪みがあれば、老廃物や余分な脂肪を排出することが出来なくなるという訳です。

余分なものを溜めずの流すには、歪んだカラダを、正しく戻すことが重要と言えます。

歪みが改善すれば、カラダのバランスも整うため、ダイエットだけでなく、カラダの不調の改善にも繋がっていくと言えます。