巻爪矯正はこちらから

「痩せられない体質だから仕方ない」と思って諦めている方へ

食べないのに太る・食べても太らない・・この違いは何でしょうか?

太ったカラダが気になって、ダイエットを試しても効果がない・・「痩せられない体質だから仕方ない」と思って諦める方も少なくないと思います。

では、体質を変えられることは出来るのでしょうか?太りにくい・痩せやすい体質にする方法を考えましょう。

カロリー消費

「太る」ということは、食事などで取り入れたものを、エネルギーとして使い切れずに蓄えているということです。

単純に考えれば、食事を減らし、運動量を増やせばいいのです。

食事制限や運動を行っても、簡単に痩せられないのは、エネルギー消費が上手く出来ていないということです。栄養をエネルギーに変えて消費する機能・・代謝機能です。

代謝機能が良くなれば、同じ運動でも消費するカロリー量が多くなるため、痩せやすいカラダを作ることが出来ると言えます。

代謝機能

エネルギー消費には、活動でエネルギーを消費する「活動代謝」、食事を吸収して消化するためにエネルギーを消費する「食事誘発熱性代謝」、生命維持のためにエネルギーを消費する「基礎代謝」があります。

私たちが1日に消費するエネルギーのうち、60~70%は「基礎代謝」と言われています。基礎代謝は、呼吸する・心臓を動かす・内臓を動かす・体温を保つなど、生命維持のために必要なエネルギー消費で、安静時に使われています。

基礎代謝を上げることで、カロリー消費量が多くなるため、痩せやすくなるとされます。

代謝機能をよくする

基礎代謝は、筋肉をつけること・内臓を活性化させることで良くなるとされます。

では、運動をすればいい・・それだけでは、十分ではありません。筋肉の働きが大切なのです。

筋肉が偏ったり、硬くなっていると、血液の循環が悪くなります。

すると、内蔵に十分な血液が届かなくなり、機能低下に繋がります。それでは、意味がありません。

筋肉を柔軟に保ち、均等に正しく使うことが大切です。

筋肉が正しい働きをすれば、血行を促進することになり、内臓の活性化にもつながるという訳です。

姿勢をよくする

筋肉を正しく使う=カラダを正しく使うということです。

姿勢が悪いと、筋肉が偏ります。姿勢の悪さは、カラダの歪みを作ることになります。

逆に、カラダの歪みがあると、筋肉が正しく働きません。太りにくい・痩せやすい体質を作るには、姿勢を正しくすることと、カラダの歪みを直すことが大切と言えます。