巻爪矯正はこちらから

ダイエットに挑戦したことがありますか?

今まで、ダイエットに挑戦したことがありますか?

色んなダイエット方法がTVなどで紹介されていますが、実際に試してみると、なかなか難しくて継続できない・・という方は少なくないと思います。

痩せたいと悩む方は多いけど、ダイエットに成功した!という方は、あまり聞きません。現状を維持しているという方が多いのだと思います。痩せるというより、カラダを正しい状態に戻すと考えてみませんか?

太るということは、余分なものがついているということです。カラダを整えれば、余分なものは無くなっていくことになります。

骨盤の歪み

座る姿勢・歩く姿勢・立つ姿勢などの姿勢の悪さが積み重なり、骨盤の歪みを起こしていきます。

カラダの中心にある骨盤が歪むと、カラダ全体の歪みを起こすことになります。

骨盤は内臓を支えているため、歪みがあると、内臓は下がります。内臓が下がることで下腹が出てきます。内臓があった場所には、脂肪が溜まりますので、ポッコリお腹の要因となります。

また、内臓神経に影響すると、神経伝達が遅くなるため、「お腹いっぱい」という連絡が遅くなり、つい食べ過ぎることにもなります。

そして、歪みがあると、余分な脂肪を蓄積する要因となるのです。

筋肉の働き

カラダに歪みがあると、周囲の筋肉が支えることになります。

その結果、「いつも緊張していなくてはいけない筋肉」と「あまり使われないために、衰えてくる筋肉」との2つに分かれます。筋肉が偏ることで、姿勢が悪くなり、更にカラダは歪みます。

例えば、脚の重心が外側にいくと、脚の外側の筋肉が緊張して発達します。内側の筋肉は使われずに衰えます。

発達した筋肉に脚が引っ張られて、膝関節が歪みます。

O脚やX脚などの脚の歪みを起こすことになります。

発達した筋肉には、余分な筋肉がつきますし、衰えた筋肉には脂肪が溜まっていきます。下半身が太くなる原因です。また、筋肉の緊張により、血液やリンパの流れが悪くなります。

老廃物や余分な脂肪が滞るため、むくみ・冷え性などを起こします。

冷えからカラダを守るために、更に脂肪が蓄積されます。太くなるだけでなく、代謝機能の低下につながっていきますので、痩せにくいカラダを作ることになります。

正しい姿勢を身に付ける

骨盤の歪みを直しただけで、体重が減少した方もいます。

余分なものを取り除くためには、歪みを改善して、カラダを正しく使うことが重要と言えます。歪みを直しても、生活習慣が良くなければ、歪みは繰り返します。

正しい位置をキープするために、日頃の姿勢を改善することも大切です。カラダが整えば、スッキリボディになれるという訳です。