巻爪矯正はこちらから

ダイエット・・有酸素運動の効果を上げるには?

福岡市南区骨盤矯正ダイエットができる痩身エステサロンBloom

 

ダイエットに必要なこと・・それは体脂肪の燃焼です。

 

皆さんご存知のとおり、体脂肪の燃焼には、有酸素運動が効果的といわれています。

ただ、有酸素運動で体脂肪を燃焼するには

 

・20分以上続けなくてはいけない

・毎日やらないといけない

という条件が付きます・・

 

聞くだけで疲れます。

何かいい方法は?・・あります!

 

 

「無酸素運動で脂肪を燃焼しやすい状態にして、有酸素運動で脂肪を燃焼する」

これが、ダイエットに効果的な運動といえます。

 

そもそも、なぜ「有酸素運動は20分以上」なのか分かりますか?

 

①体脂肪を使うまでの時間

有酸素運動で使われるエネルギーは体脂肪・・と言いたいのですが、その前に使われるエネルギーがあります。それは、血中の「ブドウ糖」です。

 

そもそも体脂肪は、エネルギーが不足した時のための貯蓄です。

 

運動でエネルギーを使う場合、筋肉に貯蓄しているグリコーゲン、次に血中のブドウ糖、それが足りなくなった場合に、ようやく体脂肪の出番です。有酸素運動は、筋肉に急激な強い力が必要ではないため、グリコーゲンはあまり使わずに、ブドウ糖をエネルギーとして使います。

 

有酸素運動は、筋トレなどの無酸素運動に比べると、体脂肪を使い出すのは早い・・ですが、ブドウ糖の後です。

 

 

②脂肪の分解

体脂肪をエネルギーとして使うには、分解する必要があります。

 

脂肪の分解をするのが「リパーゼ」という脂肪分解酵素・・

ただ、このリパーゼの活性化が始まるまでには、約20分かかる。

 

要するに、脂肪はエネルギーとなるまでに、最低でも約20分かかってしまうというワケです。

 

これが、有酸素運動は20分以上と言われる理由です。

さらに、毎日運動しないと、脂肪燃焼の効果は下がると言われています。毎日20分以上の運動・・かなり大変な気がします。

 

では、ここで嬉しい情報をお知らせします!

 

無酸素運動で、有酸素運動の脂肪燃焼の効率を上げる

ことが出来るのです!簡単に無酸素運動の効果を説明します・・

 

 

★成長ホルモンの分泌

無酸素運動は、筋肉に瞬間的な強い力が必要となります。

無酸素運動の代表といえば「筋トレ」です。

 

筋肉を強く使う運動をすると、筋肉の回復のために「成長ホルモン」が分泌されます。

これにより、多くのエネルギーが必要となるので、体脂肪を使い出すまでが早くなります。

 

また、成長ホルモンは脂肪を分解させる作用もあるので、脂肪燃焼が早くなるのです。

 

ただ、残念ながら「筋トレだけでは脂肪燃焼の効率が悪い」のです。

 

脂肪をエネルギーとして燃焼するには、酸素が必要となるため、無酸素運動では脂肪燃焼の効率が悪いのです。

 

脂肪を上手く燃焼するには、有酸素運動も必要なのです。