巻爪矯正はこちらから

ダイエット・・運動する時間帯は?

福岡市南区骨盤矯正ダイエットができる痩身エステサロンBloom

 

ダイエットに運動は欠かせないモノです。

ただ、運動のタイミングによって、ダイエット効果は変わってきます。

 

では、どのタイミングの運動がベストなのでしょうか?

 

結論からいえば、朝の食事前の運動がベストです。

 

 

  • 朝に運動した場合

私たちのカラダは、「日中に活動して夜間に休む」というカラダのリズムがあります。

 

これは、自律神経の働きによるものです。自律神経には、昼間や活動時に優位に働く「交感神経」と夜間や安静時に優位に働く「副交感神経」があり、この2つの神経がバランスよく働くことで、心身の健康状態を維持することが出来ています。

 

日中のカラダは、交感神経の働きによって活動しやすい=やる気も出ると言えます。

 

また、交感神経が働いていると、カラダはエネルギーを燃焼しやすい状態になりますので、日中に運動するほういいと言えます。

 

 

  • 夜に運動した場合

夜は、副交換神経が優位に働いている状態なので、カラダはリラックスモード・・やる気が出ないと言えます。

 

副交感神経は、カラダの回復のための神経なので、脂肪を蓄積しやすい状態となりますので、夜間の消費エネルギーは少なくなります。

 

夜の運動は昼間の運動よりも、消費エネルギーが10%下がると言われています。

 

 

食事前に運動した場合

空腹時は、血糖値が下がっている状態なので、運動するためのエネルギーとなる糖質が不足している状態です。

 

そのため、カラダに蓄えている脂肪をエネルギーとして使うことになります。

また、運動することで血糖値も上がるので、食事の量も抑えられると言えます。

 

食事後の運動は、蓄積した脂肪を燃焼しやすくなると言えます。

 

 

食事後に運動した場合

食事によって血糖値が上がると、インスリンが分泌されて、糖質をエネルギーに変えたり、カラダに蓄えるという処理をします。

 

食事後に運動をすると、摂取した栄養をエネルギーとして使うことになります。

ただ、摂取エネルギーよりも運動量が少なければ、エネルギーが余るため、当然、脂肪蓄積となります。

 

食事後の運動は、食事による栄養を消費するため、脂肪蓄積を抑えることになります。

 

 

まとめると、

 ・日中は夜間よりも、消費エネルギーが増える

 ・食事前の運動は、蓄積された脂肪を燃焼

 ・食事後の運動は、脂肪蓄積を抑える

ということです。

 

運動は、どのタイミングで行ってもダイエット効果は得られるのですが、より多くの脂肪を燃焼するには、朝の空腹時がベストタイミングというワケです。