巻爪矯正はこちらから

体がゆがむと起こる変化とは?

福岡市南区│産後骨盤矯正・ダイエットができる痩身エステサロンBloom

 

 

冷え性や便秘、生理痛や生理不順などの女性特有の悩みは、カラダの歪みが起こしています。

 

女性は男性よりも、筋力が弱く靭帯が柔らかいため、体の歪みを起こしやすいと言われています。

そして、その原因は骨盤の歪みが関係しているのです。

 

 

骨盤の作りと役割

骨盤は、仙骨・寛骨・尾骨によって構成されています。

 

腰椎(背骨の腰部分)から続く仙骨は、逆三角形の形をしています。

その両側に蝶の羽のような形をした腸骨・そこに続く坐骨と恥骨を総称して、寛骨といいます。

 

仙骨の先端に尾骨があります。

仙骨と寛骨を繋ぐ関節を「仙腸関節」といい、骨盤の関節はこれだけになります。

 

骨盤は基本的に、周りの筋肉と靭帯によって支えられていますが、この仙腸関節がズレたり開いたりして、形がかたまってしまうのが、骨盤の歪みの原因となります。

 

骨盤は、背骨と大腿骨の間にあり、上半身・下半身をつないでいます。

そして、内臓や生殖器を保護する役割を持っています。

 

骨盤に歪みを起こすと、カラダ全体に歪みを起こすことになります。

そして、骨盤の中にある卵巣や子宮にも影響を及ぼし、生理痛や生理不順だけでなく、卵巣嚢腫や子宮筋腫やなどの婦人科系の疾患の一因となります。

 

仙骨は、女性ホルモンの分泌に関係しているため、ホルモンバランスに乱れを起こすことにもなります。

 

 

体の歪み

体に歪みがあると、それを支えるために周りの筋肉が偏った働きをしてしまいます。

 

筋肉バランスが崩れ、余分な脂肪や筋肉を付けることになります。

いつも使われて緊張している筋肉は硬くなり、血液やリンパの流れを圧迫してしまいます。

 

血行が悪くなり、老廃物が溜まり、コリやむくみとなります。

さらに血行が悪くなり、代謝機能も低下します。

 

内臓や筋肉に十分な血液が流れなくなり、内臓機能の低下も起こしていきます。

 

 

骨盤歪みの原因

骨盤が歪む原因は、生活習慣と言われています。

 

良くないくせや歩き方、姿勢の悪さに問題があります。

そして、女性の骨盤が最も歪むとされる行動は、出産です。

 

出産は、骨盤が最大に開きます。

産後、開いた骨盤はしまっていきますが、早くて3ヶ月~4ヶ月、遅くて6ヶ月くらいまでかかります。

 

骨盤を締める靭帯は緩んだ状態のため、この間に正しい位置に戻らなければ、歪んだまま固まってしまいます。

 

そのため、産後3~6ヶ月に骨盤矯正を行うのが、ベストな期間と言えます。

骨盤を矯正することで、ホルモンバランスを整え、産後の体型戻しもスムーズに行うことが出来ます。

 

産後の悩みを解消するには、骨盤矯正は重要なことと言えます。