巻爪矯正はこちらから

出産前の骨盤矯正が効果的?

福岡市南区│産後骨盤矯正・ダイエットができる痩身エステサロンBloom

 

「出産後は、骨盤矯正をするといい」と聞いたことがあるかと思います。

 

出産時は、骨盤が開くため、正しい位置に戻すことが大切です。

 

では、正しく戻すことが出来ないと、どうなってしまうのでしょうか?

骨盤矯正のメリットはなんでしょう・・・

 

 

出産後の骨盤

 

女性が妊娠をして出産までの間に、赤ちゃんが産道を通りやすくするため、女性ホルモンが働き骨盤はゆっくりと開いていきます。

 

出産が終わると、女性ホルモンの減少とともに、骨盤も閉じていきます。

 

この時、骨盤を締める靭帯は柔らかい状態です。

この時期に、骨盤がきちんと閉じることが出来ずに、固定されてしまい、骨盤の歪みを起こします。

 

逆に、この時期に骨盤体操などを行うことで、骨盤を正しく整えることが出来ます。

 

もともと骨盤に歪みがある方は、出産時に骨盤が開きにくく、お産に時間がかかったり、難産になる可能性もありますので、子作り前に歪みを改善したほうがいいと言えます。

 

 

骨盤の役割

骨盤は、背骨の一部の仙骨と尾骨、寛骨(腸骨・恥骨・坐骨)によって構成されています。

 

仙骨と寛骨は、「仙腸関節」でつながっていて、骨盤の関節は「仙腸関節」のみとなります。

 

上体を支える背骨と太ももの骨(大腿骨)の間にあり、上半身と下半身をつなぐ役割をしています。

また、内臓や生殖器を守る役割もあります。

 

骨盤の歪みは、仙腸関節がズレたり、開いたりすることで起こります。

体の真ん中に位置して、骨格をつないでいるため、骨盤に歪みが生じると、カラダ全体の骨格が歪むことになります。

 

 

骨盤が歪むと起こる変化

骨盤が歪むことによって、内臓を支えることができなくなり、内臓は下へ落ち込みます。

 

鳴内蔵の神経が圧迫され、神経伝達のスピードが遅くなります。

 

「満腹」と伝えるのが遅くなると、ついつい食べ過ぎてしまうことになります。

 

また、骨盤内の子宮や卵巣などの臓器に影響を与え、生理痛・生理不順・子宮筋腫や卵巣嚢腫などの婦人科系の病気を引き起こすことにもなります。

 

また、歪みがあることにより、それを支えようとして、周辺の筋肉がバランスを崩すことになります。

 

骨盤周りの血行やリンパの流れが悪くなり、老廃物の排出機能の低下・代謝機能の低下となり、太りやすくなります。

 

カラダ全体に歪みが起きるため、腰痛・頭痛・むくみ・膝痛・冷え性など、さまざまな不調を引き起こすことになります。

 

 

骨盤の歪みを改善するには

 

産後の歪み改善は、体がある程度回復してから行うことをお勧めします。

産後1ヶ月は、出産の影響が残っているため、産後2~6ヶ月の間に骨盤矯正を行うと効果的です。

 

歪みを改善することで、カラダの不調の改善となり、子育てを楽しむことになるでしょう。