巻爪矯正はこちらから

出産後になる肩こりの原因とは?

福岡市南区│産後骨盤矯正・ダイエットができる痩身エステサロンBloom

 

出産後に、肩こりがひどくなったと言われる方が少なくありません。

 

悪化すると、痛みとともに腕や肩のしびれも起こします。

痛みにストレスを感じ、イライラしたり、肩の重さで倦怠感が抜けないなど、なんともいえない辛い痛みに悩まされる「肩こり」・・原因を理解して、その悩みを解消していきましょう。

 

 

肩こりの原因

 

姿勢の悪さ・・

授乳やおむつ替え、赤ちゃんを抱っこしている姿勢に問題があります。

 

ケータイを扱う時やデスクワークなどでもしてしまう、前かがみの姿勢(猫背姿勢)に問題があります。

 

頭の重さは、体重の10%と言われています。

普通の状態でも、常に重い頭を支える肩や首は、大きな負担を感じています。

 

そもそもの働きが、コリを起こしやすいと言えます。

 

その上、頭を前に垂らした姿勢は、頭が落ちないように、肩や首・背中などの筋肉が支えることになり、大きな負担をかけることになります。

 

 

背骨のカーブ・・

私たちの背骨は、頚椎(首)・胸椎・腰椎に分類され、横から見るとS字カーブを描いています。

 

このカーブがあることで、体への衝撃や負担を分散して、立ったり座ったり歩いたりの姿勢を保つことが出来ます。

 

胸部の胸椎は、もともと後ろに弯曲していますが、前かがみの姿勢を長時間行うことで、背骨の関節の働きが悪くなり、周囲の靭帯や筋肉が緊張して縮こまり、弯曲が強くなります。

 

顔を前に出して背中が丸くなる猫背になります。

そして、背中や首・肩などの負担を分散させようとして、自然とお腹を突き出したような姿勢になります。

 

さらに腰の筋肉にも負担となり、腰痛の原因になります。

 

筋肉のバランス・・

猫背姿勢となると、背中や肩、首の後ろの筋肉は、いつも緊張している状態となります。

 

対となる胸の筋肉・腹筋は緩んで衰えます。筋肉のバランスが崩れることで、体を正しく使えず、筋肉が偏った状態になります。

 

私たちは、無意識に楽な姿勢をとってしまうため、さらに姿勢が悪くなる・・という悪循環を起こしていきます。

 

 

血液の流れ・・

筋肉の緊張で、血管やリンパ管を圧迫してしまいます。

 

リンパ液の流れが悪くなることで、体内の老廃物を排出することが出来ず、むくみとなります。

 

むくみに脂肪がつき、さらに血行が悪くなります。

血行が悪くなると、筋肉に新鮮な酸素や血液を供給出来なくなり、筋肉が硬くなります。

 

これが「コリ」です。さらに血行が悪くなり、冷えを起こし、筋肉は又硬くなる・・ここでも悪循環が起こっていきます。

 

 

コリの解消

産後は、ホルモンバランスも悪いため、血行が悪くなります。

 

血行をよくすることが、コリの改善となりますので、湯船につかりマッサージなどを行うと効果的です。

 

そして、正しい姿勢を心がけることが大切になります。