巻爪矯正はこちらから

太る理由ってなんですか?

そもそも太る理由

女性にとって、自分の体形はどうしても気になるものです。

何もしなくても痩せている友人、食べても太らない知人を見ると、羨ましいと思いながらも、体質の違いと思って諦めていませんか?あなたの体も、太りにくく痩せやすい体にすればいいのです。

太る理由と痩せない理由

どうして体重が増えるのか・・簡単に言うと、体内に取り入れたものと体外に排出するもののバランスが悪いから太ります。

要するに、食べたもの全てが、エネルギーとして消費されずに少しずつ蓄積されてしまうのが、肥満の原因となります。「食事を減らして、運動でエネルギー消費をする」これが一般的なダイエット方法とも言えます。

しかし、同じ運動量でも痩せられる人と痩せらない人がいます。それは、エネルギー消費量の違いです。

基礎代謝が原因

新しい栄養を、私たちが動くために必要なエネルギーとして使うことを「エネルギー代謝」といいます。

生命維持のため最低限必要となる活動で消費される「基礎代謝」、活動するときに消費する「活動代謝」、食べ物が吸収され消化するまでに消費する「食事誘発性熱代謝」に分かれます。

このうち、1日に使う消費エネルギーの約60~70%が基礎代謝と言われています。基礎代謝は、安静時に使われているエネルギーで、呼吸をしたり、心臓を動かしたり、内臓機能の働き、体温を保つなどで消費されています。

そのため、基礎代謝が良くなれば、運動を行わない睡眠時でもカロリーを消費することができ、普段の生活でのエネルギー消費量が増えるため、太りにくく痩せやすいカラダになるというわけです。

基礎代謝をよくするには・・

基礎代謝は筋肉量が増えると高くなり、脂肪が増えると低下すると言われています。

と、言うことは、やっぱり運動をしなくてはいけない・・ここに重要な問題があるのです。

無理な運動をしても、筋肉に柔軟性がなければ意味がないのです。

体の歪み

筋肉を正しく使うためには、体の歪みを改善しなくてはいけません。

姿勢の悪さや歩き方などで、体に歪みが生じると、それを支えるために周囲の筋肉が偏った働きをしてしまいます。いつも緊張している筋肉は、柔軟な伸縮が出来なくなります。

結果、血行が悪くなり筋肉が硬くなります。血行が悪くなると、心臓や内臓の動き・体温調節に影響するため、基礎代謝が低下してしまうことになります。体に歪みがある状態で、やみくもに運動を行っても、筋肉の偏りが酷くなるだけで、効果がないと言えます。

まずは、体の歪みを改善していくことが重要と言えます。実際に、歪みを治しただけで、体重が3~4キロ減少した方もいます。

歪みを改善することで、太りにくいカラダ・痩せやすいカラダを作ることになります。