巻爪矯正はこちらから

有酸素運動と無酸素運動・・それぞれのダイエット効果とは?

福岡市南区骨盤矯正ダイエットができる痩身エステサロンBloom

 

ダイエットには有酸素運動が大切・・と聞いたことがあると思います。

そして、有酸素運動は20分以上続けないと脂肪燃焼の効果が薄い。

 

脂肪を燃焼するのは、かなり大変ですね・・

 

まぁ、毎日の積み重ねで蓄えた脂肪なので、キツいのは仕方ないのかもしれません。

 

とはいえ、少しでも効率よく脂肪を燃焼したいですよね・・

ならば、有酸素運動だけでなく、無酸素運動も取り入れていくようにしましょう。

 

 

有酸素運動

名前のとおり、エネルギーを燃焼するときに、酸素が必要な運動です。

 

継続的に比較的弱い力が筋肉にかかり続ける運動で、エネルギーとして「体脂肪」を燃焼して使います。

 

ただし、ダイエット効果を望むなら、運動は20分以上継続することが必要。

 

 

無酸素運動

名前のとおり、エネルギー燃焼に酸素を必要としない運動です。

 

瞬間的に強い力が必要な運動で、エネルギーとしては筋肉に貯めていた「グリコーゲン(糖質)を主原料として使います。

 

グリコーゲンが不足すれば、体脂肪を使うことになりますが、酸素を必要としないので、短時間しか運動が出来ないと言えます。

 

 

体脂肪燃焼には時間がかかる

ここで注意して欲しいのは、有酸素運動も、無酸素運動も、最終的には、体脂肪を燃焼することになるのですが、体脂肪が燃焼するには時間がかかるということです。

 

有酸素運動の説明にもあったとおり、体脂肪燃焼には、20分以上の運動が必要なのです。

 

その理由は、脂肪を燃焼するためには、脂肪を分解しなくてはいけないからです。

 

 

脂肪分解酵素「リパーゼ」の活動

脂肪がエネルギーとして求められると、脂肪分解酵素の「リパーゼ」が脂肪の分解をはじめます。

 

分解された脂肪は筋肉に運ばれ、エネルギーとして使われることになります。

簡単に言えば、脂肪は分解されないとエネルギーにはなれないワケです。

 

そして、この「リパーゼ」の活性化が始まるまでに約20分かかる・・脂肪がエネルギーとして使われるまでの準備が20分かかるため、20分以上の運動が必要となるのです。

 

 

効率よく脂肪を燃焼するには、2つを組み合わせ

脂肪燃焼には、準備時間がかかるのですが、その時間をどうにか早くしたいと思いませんか・・?

 

実は、その役割となるのが「筋トレ」などの無酸素運動なのです。

 

無酸素運動をすると、筋肉の回復の為に、成長ホルモンが分泌されます。

すると、より多くのエネルギーが必要となるため、脂肪燃焼の準備を始めるのが早くなるのです。

 

効率的に体脂肪を燃焼するのなら、「無酸素運動→有酸素運動」の順番で運動をすることをオススメします。