巻爪矯正はこちらから

産後に起きる様々な症状

福岡市南区│産後骨盤矯正・ダイエットができる痩身エステサロンBloom

 

赤ちゃんを産む、育てる、とても大変な仕事です。

 

体が悲鳴を上げるのも、無理ないでしょう。肩こり・腰痛・生理痛・・産後の悩みはさまざまです。

これらを解消して、子育てをもっと楽しみたいですよね?

 

歪んだ体を整えて、悩みを解消しましょう。

 

 

骨盤の歪み

女性の骨盤が最大に開くとき、それは出産です。

そして、最も歪みを起こしやすいとされる時期が、産後です。

 

骨盤は、赤ちゃんがスムーズに産道を通れるように、妊娠から出産までの間、ゆっくりと開いていきます。

出産を終えると、3~4ヶ月ほどで締まっていきます。

 

この間は、骨盤を支える靭帯も柔らかくなっていて、遅くても6ヶ月ほどで形が固定されると言われています。

この時、骨盤がきちんと締まらない場合、骨盤の歪みとなります。

 

骨盤が正しい位置にない・歪んでいることで、体の不調を引き起こします。

 

 

ホルモンバランス

妊娠中は、お腹の赤ちゃんを守るため、特定のホルモンが多く分泌されて、ホルモンバランスが大きく変化を起こしています。

 

出産後は、そのホルモンが減少するため、さらにホルモンバランスが急激な変化を起こします。

この変化が、自律神経を乱すことになります。

 

自律神経の乱れは、頭痛・めまい・不眠症など、さまざまな不調を引き起こします。

 

骨盤を構成する仙骨は、ホルモン分泌に関係しているため、骨盤に歪みがあると、更にホルモンバランスが乱れることになります。

 

 

生理痛・生理不順など

骨盤は、上半身と下半身を繋ぎ、内臓や生殖器を守る役割があります。

 

骨盤の歪みは、中に収まっている子宮や卵巣などの臓器にも悪影響を及ぼすことになり、女性ホルモンの分泌に影響します。

 

また、生理痛や生理不順、さらには子宮筋腫や卵巣嚢腫などの婦人科系の疾患を引き起こすことになります。

 

 

肩こり・腰痛

骨盤が歪むと、背骨や大腿骨、カラダ全体の歪みを起こします。

 

歪みがあると、周辺の筋肉が支えるため、筋肉バランスが崩れます。

 

筋肉バランスが崩れると、血行やリンパの流れが悪くなります。老廃物が滞り、むくみとなります。

 

血行が悪くなると、筋肉は硬くなり「コリ」を起こします。

更には、冷え性となり、内臓機能にも影響していきます。

 

 

歪みの改善

骨盤の歪みは、さまざまな体の不調を引き起こすことになります。

 

産後の骨盤矯正は、骨盤が固まる前に行うと効果的です。

勿論、半年が過ぎても、歪みを直すことは出来ます。

 

歪みを直して、正しい位置でキープするためにも、正しい姿勢や正しい歩き方を身につけることも大切です。

歪みとともに、体の不調も治れば、子育ても楽しくなるでしょう。