巻爪矯正はこちらから

産後のうつとは?

福岡市南区│産後骨盤矯正・ダイエットができる痩身エステサロンBloom

 

初めての出産、右も左もわからず、何をするにも不安になります。

 

これでいいのか?と常に考え、プレッシャーを感じる。

慣れない育児で疲れ、なんとなく孤独感を感じる。赤ちゃんが泣くと、自分がちゃんと出来ていないから・・なんて自分を責めていませんか?

 

慣れない生活変化などで、出産後の女性は、うつ病にかかりやすいと言われています。

 

 

産後うつ

うつ病は、ホルモンバランスと密接に関係していると言われています。

 

ホルモンバランスが乱れると、情緒不安定になります。

妊娠中は、女性ホルモンが活発に分泌されます。

 

そして、・出産後は、急にホルモンの分泌が減ってしまい、ホルモンのバランスが劇的に変化します。

 

そして、生活面でも大きな変化があります。

 

授乳のたびに起きて、十分な睡眠が取れない・赤ちゃんが小さいと、外に連れていけないため、家にこもりがちになる・義理の父母などの訪問が増え、リラックスが出来ない・気分転換が出来ないなどにより、体は疲れて気持ちが落ち込みやすくなります。

 

そのため、出産後はうつ病を起こしやすいとされます。

症状としては、気分の落ち込み・倦怠感・不安感・睡眠障害・イライラする・食欲がなくなるなどがあります。

 

 

産後うつの改善方法

考え方を少し変えることが、症状の改善となります。

 

何もかも完璧に出来る人はいません。頑張る必要もないのです。

少しサボったからといって、子育てに大きな影響はないのです。

 

「何かの本に書いてあった」と、その通りに物事を進める。子育てに、正解はありません。

お母さんも、赤ちゃんもみんな違うのですから・・お母さんの不調は、赤ちゃんにも変化を起こしてしまいます。

 

たまにはリフレッシュして、気分をけるようにしましょう。

 

 

ホルモンバランスの分泌

骨盤の歪みを整えることで、ホルモンのバランスを整えることが出来ます。

 

出産は、赤ちゃんがスムーズに産道を通れるように、骨盤が開きます。

そして、産後2ヶ月ほどで閉じていきます。

 

この時、正しく戻ることが出来ずに、歪みを起こすことがあります。

 

骨盤の歪みは、中に収まっている子宮や卵巣などの臓器に影響を与えます。

そして、女性ホルモンの分泌にも影響していきます。

 

また、歪みがあると血液やリンパの流れが悪くなるため、疲れやすくなります。

骨盤の状態を正しく整えることで、次第にホルモンバランスが整い、体もスッキリして、気持ちが安定することになります。

 

子育ては、全部1人でする必要はありません。家族と相談しながら、楽しみましょう。