巻爪矯正はこちらから

産後冷え性の原因

福岡市南区│産後骨盤矯正・ダイエットができる痩身エステサロンBloom

 

 

体に大きな影響を与える出産。産後、冷え性に悩む方は少なくありません。

冷え性と起こす原因を理解して、しっかり改善していきましょう。

 

 

産後、冷え性を起こす原因

・血行不良

体の体温調節には、血液が必要です。

血行が悪くなると、心臓から遠い場所は血液が届きにくくなります。

 

そのため、血液が届きにくい、手先・足先の冷えを起こすことになります。

 

産後は、出産時の出血や母乳なでで血液量が少なくなりやすい時期と言えます。

血液量が少ないと、血液の循環が悪くなるため、体の冷えを起こすことになります。

 

 

・自律神経の乱れ

自律神経は体温調節を行い、体温を一定に保つ役割があります。

自律神経の乱れは、体温調節がうまく出来なくなり、冷えを起こします。

 

自律神経の乱れは、外的要因もありますが、生活リズムの乱れと、精神的・身体的ストレスによって起こります。

 

産後は、授乳などで生活リズムが崩れ、慣れない育児や体の疲れなどによりストレスが溜まりやすく、自律神経の乱れを起こしやすくなります。

 

また、産後のホルモンバランスの変化も関係しています。

 

妊娠中は、胎児を育てるための特定の女性ホルモンの分泌が盛んになります。

 

産後は、その女性ホルモンが減少するため、ホルモンバランスが大きく変化します。

この影響で、自律神経の乱れを起こすことになります。

 

 

・骨盤の歪みと筋肉バランス

出産時に最大に開いた骨盤は、産後3~4ヶ月ほどで締まっていきます。

 

この時、骨盤を支える靭帯は柔らかく、緩んだ状態です。正しく閉じることが出来ず、固定されると骨盤の歪みを起こすことになります。

 

骨盤は上半身と下半身を繋ぐ役目があるため、骨盤が歪むとカラダ全体の歪みを起こすことになります。

 

骨格を支え、動かすには筋肉が必要です。

体に歪みがあると、周囲の筋肉は偏った働きとなり、筋肉バランスを崩してしまいます。

 

緊張した筋肉が、血管やリンパ管を圧迫して、老廃物の排出機能や代謝が悪くなり、むくみを起こします。

 

筋肉も硬くなり、コリとなります。

さらに血液の循環が悪くなるといった悪循環を起こしていきます。

 

また、産後は筋力も低下しているため、冷えを起こしやすいとされます。

 

 

冷え症の改善

骨盤は、女性ホルモンの分泌にも関わりがあります。

 

そのため、骨盤を正しい位置に戻すことで、ホルモンバランスを整え、体の歪みを改善して、筋肉バランスが整い、血行不良を改善することになります。

 

また、歩くことで、カラダ全体の筋肉に酸素や血液が周り、老廃物の排出を助けることになります。

 

激しい運動は、必要ありません。

なまった体を少しずつ動かすことで、冷え性の改善に繋がります。