巻爪矯正はこちらから

脚やせに効く ツボ4つ

福岡市│痩身エステサロンで骨盤矯正ができる南区のBloom

 

脚やせ・・脚のマッサージ

脚やせは、エクササイズで脚の筋肉を鍛えることが大切です。

同時に、足のマッサージを行って、血液やリンパの流れを手助けしましょう。

 

 

①足首からひざ、ひざから鼠径部(脚の付け根)に向かって、両手でさすりあげる。タオルを絞るときのように、ひねりを入れながらさするのがポイントです。

 

②足首から太ももに向かって、こぶしでリズミカルに叩き上げていく。ふくらはぎの裏や太ももの裏も忘れずにまんべんなく叩く

 

脚のマッサージは、リンパ管が多く集まる足首、ひざ裏、鼠径部(脚のつけ根)を中心に、心臓から遠い足首から順番に行っていきます。

 

足に溜まった水分を、脚のつけ根に向かって流すようなイメージでやりましょう。

 

脚が疲れているとき、むくみが気になるときはもちろん、入浴後など、脚の血流がよくなっているときに行うとさらに効果的です。

 

 

脚やせ・・脚のツボ押し

足の裏には、さまざまなツボが集中しています。

中でも、脚やせには欠かせない、老廃物や余分な水分のデトックスに効くツボを紹介します。

 

脚のむくみ、冷え、だるさ、疲れの原因のほとんどは、血液とリンパ液の停滞です。

ツボ押しでこの流れをスムーズにして、脚の解毒を助けましょう。

 

★三陰交(さんいんこう)

内くるぶしの指4本くらい上にあるツボ。このツボを押すと、リンパ液の停滞による、ふくらはぎのむくみやこわばりを和らげる効果があります。

 

★湧泉(ゆうせん)

土踏まずのやや上のくぼみにあるツボ。腎臓の反射区で、ここを押すと、脚のむくみや冷えを和らげて、余分な水分や老廃物の排出機能を促進することになります。

 

★委中(いちゅう)

ひざの裏側のちょうど真ん中にあるツボ。ひざを両手で包むように親指で押しましょう。

脚の疲労回復やむくみの防止に効果があります。

 

★太谿(たいけい)

くるぶしとアキレス腱の間をつまむように押しましょう。足首のリンパ節が集まるツボなので、むくみ解消に効果があります。

 

 

ツポ押しは、お風呂上がりに行うのが、いちばんデトックス効果が高いといえますが、それ以外にも、ちょっと脚が疲れたとき、冷えているなと感じたときなど、いつでも気づいたら押すようにしましょう。

 

「痛い」と「気持ちいい」の中間くらいの力でプッシュすることがポイントです。

 

毎日使っている脚は、とても疲れています。マッサージやツボ押し、脚を温めるなどで、1日の疲れをしっかりとケアすることが、脚やせにつながります。