巻爪矯正はこちらから

通勤時間でできる脚のエクササイズ

福岡市│痩身エステサロンで骨盤矯正ができる南区のBloom

 

自転車通勤で脚やせ!

最近はロードレーサーでの通勤がブームですね。

 

自転車は有酸素運動だし、ペダルをこぐ動きは股関節や脚の筋肉をダイレクトに鍛えるので、ふくらはぎや足首が自然に引き締まり、「脚やせ」に効果があります。

 

脚に余計な負担をかけないペダルのこぎ方さえ身につければ、どこの家庭にもあるようなファミリー向け自転車でも、レッグラインを美しく整えることができます。

 

 

脚に負担のないこぎ方には、2つのポイントがあります。

 

ひとつは、上から見たときに、ひざの位置とペダルの位置が揃うようにすることです。

がに股や内股でこぐと、ひざに大きな負担がかかり、脚に偏った筋肉がついてしまいます。

 

もうひとつは、ギアチェンジできる自転車の場合は、なるべく軽いギアに設定して、脚全体をくるくる回すようにこぐことです。

重いギアで、足の裏を踏み込むようにこいでいると、太ももに負荷がかかり過ぎて太くなるので要注意です。

 

 

通勤時間を利用して脚やせ!

毎日が職場と家との往復で終わってしまい、ストレッチやエクササイズの時間もとれないほど忙しい人は、通勤時間を脚やせタイムにしてしまうことをおススメします。

 

スポーツジム通いやランニングなど、痩せるために新たな何かを始めなければならないと思うと負担になりますが、毎日の通勤時間を上手に使えば、効率よく脚やせできます。

 

「忙しいから脚やせできない」なんて、言い訳にすぎません。

 

ちょっとしたことの積み重ねで、脚は細く、キレイになれるのです。

朝、脚をしっかり動かすことで全身の血行も良くなり、脳が活性化するので、仕事の効率もアップするかもしれません。

 

 

脚やせのための、通勤のポイント

 

★ただ歩くのではダメ

駅までの徒歩を、エクササイズウオーキングとして利用します。

 

親指に重心をかけ、軽く汗ばむくらいの大股&早歩きをしましょう。

慣れてきたら、最寄り駅より1~2駅手前で降りて、距離を増やします。

 

パンプスの人は、通勤時だけスニーカーに履き替えるようにしましょう。足に負担がかからない靴を履くことが大切です。

 

 

★階段を使う

駅やオフィスビルでは、エレベーターやエスカレーターに乗らずに、出来るだけ階段を使いましょう。

 

階段はヒップをキュッと引き締めながら、つま先立ちで上ります。

足首の引き締めやむくみ防止、ふくらはぎの筋力アップに効果的です。

 

 

★電車の待ち時間で、エクササイズ

駅のホームで電車を待っているときや、信号待ち、エレベーター待ちなどの空いた時間に、つま先立ちになってヒップをキュッと引き締めましょう。

 

ちょっとした時間の積み重ねが、綺麗なヒップラインと華奢な足首をつくります。