巻爪矯正はこちらから

骨盤ダイエットは、自律神経の働きを整えることになる!

骨盤ダイエット│福岡市南区の骨盤矯正とよもぎ蒸しを取り入れた痩身エステサロン

 

痩せるためには、脂肪燃焼!とはいえ、運動したくてもカラダがだるい・・

 

これって言い訳?気持ちが足りない?・・

いやいや、本当にだるいのよ!というあなた、自律神経のバランスが悪くなっているかもしれません。

 

骨盤を正しい位置に整えると、自律神経の働きがよくなります。

 

となると、骨盤ダイエットなら、あなたのそのだるさを解消するうえで、脂肪燃焼することも出来る・・理想のダイエット方法と言えます。

 

 

自律神経とは?

 

まず「自律神経の働きって何?」というあなたのために、説明しておきますね。

 

自律神経には、交感神経と副交感神経の2つの神経があり、これらがバランスよく働くことで、私たちは心身ともに健康を保つことが出来ています。

 

・交感神経

 

活動時や昼間に優位に働く神経で、「闘争と逃走の神経」とも呼ばれています。

 

簡単に言えば、カラダを闘争または逃走しやすい状態にする神経です。

この神経が優位に働くと、カラダは緊張状態、興奮状態となります。

 

・副交感神経

 

睡眠時や夜間に優位に働く神経で、「リラックス、回復の神経」とも言われています。

 

交感神経と反対の作用があり、カラダをリラックスさせるとともに、カラダを回復させる働きがあります。

また、カラダのエネルギーは、食事によって作られるので、消化器官の働きも調整しています。

 

食事後に眠たくなるのは、副交感神経の働きによるものと言えます。

 

 

自律神経の働きが悪くなるとどうなるのか・・

 

交感神経と副交感神経のバランスが悪くなると、カラダに様々な不調を起こします。

 

例えば、交感神経ばかり優位に働いていると、カラダの緊張状態が続き、イライラ、不眠症、倦怠感、めまい、消化不良などを起こしてしまいます。

 

 

カラダの機能が正常に働かないとなれば、代謝機能の低下や血行不良なども起こしますので、太る原因となってしまうこともあります。

 

余談ですが、ストレスを感じたときは交感神経が優位に働いて、イライラします。

食事をすると副交感神経が働いてイライラが解消されるので、つい食べ過ぎる=ストレス太りということにもなります。

 

 

骨盤の歪みと自律神経の働きとの関係

 

骨盤の中心にある「仙骨」には、副交感神経が集中しています。

そのため、骨盤の歪みは、副交感神経の働きに大きく関係するのです。

 

骨盤ダイエットは、骨盤を整えるとともに、自律神経の働きも良くなるというワケですから、倦怠感、イライラなどが解消されて、スムーズに続けられるダイエットと言えます。