巻爪矯正はこちらから

足痩せするには、靴が重要!

福岡市│痩身エステサロンで骨盤矯正ができる南区のBloom

 

脚やせするには、自分に合った靴を選びましょう!

あなたは、靴を選ぶとき、何を基準にしていますか・・?

 

足のサイズはもちろんですが、おしゃれ、金額などで選んでいると思います。

ただ、靴のサイズは、本当にあなたの足のサイズなのでしょうか・・

 

靴屋さんで靴を選ぶ際、多くは、足の長さ(サイズ)と決めると思いますが、私たちの足は、つま先から踵までのサイズと、横幅、足の甲と、人それぞれ異なります。

 

そのため、サイズが合っていても、実際に履いて歩いていると、足が痛い、疲れてしまう・・これは、あなたの足に合っていないということです。

 

また、おしゃれのために、少々痛くても、無理して履く方もいると思います。

 

ハイヒールでもいいの?

ハイヒールなどの窮屈な靴で足先を締めつけ続けると、足首がうっ血してむくんだり、外反母趾や巻き爪などの足のトラブルを起こすことにもなります。

 

ただ、ハイヒールやおしゃれな靴が一概にダメということではありません。大切なのはフィッティングです。

 

痛い靴やきつい靴を履いていると、歩くこと自体が苦痛になるので、電車やバスではすぐに座席に座ったり、エレベーターやエスカレーターを使ったり、短距離でもタクシーに乗ったりするようになります。

 

となると、運動量まで減ってしまい、脚に脂肪がつきやすくなるのです。

足に合わない靴は、「脚やせ」の敵だということです。

 

 

脚が太くなる原因は、足の機能が低下している?!

靴を買うときは、ほとんどの人が試し履きをしていると思います。

 

「試し履きのときは大丈夫そうだったのに、いざ購入して毎日履いてみたら靴ずれが!」という経験をもつ人も多いのではないでしょうか。

 

それは、せっかく試し履きをしていても、チェックするポイントがサイズ感だけだからです。

 

履き心地よりもデザインや価格重視で選んでしまうと、足に大きな負担をかけることになってしまいます。

 

足にかかる負担が大きくなれば、外反母趾や巻き爪などの足のトラブルを引き起こすだけでなく、脚のむくみや血行不良の原因となり、脚全体が太くなってしまいます。

 

私たちの足は、体重を支えるとともに、地面からの衝撃を軽減するために、弓状のアーチを描いています。

不具合な靴を履くことで、足のアーチが崩れてしまうと、足の重心が傾き、正しい歩き方が出来なくなります。

 

となると、脚の筋肉バランスを崩してしまうため、むくみ、冷え性、代謝機能の低下を引き起こしてしまうのです。

足の機能が低下することで、脚全体を太くしてしまうことになる訳です。