巻爪矯正はこちらから

産後に行う体型戻し

福岡市南区│産後骨盤矯正・ダイエットができる痩身エステサロンBloom

 

「産後、体型が戻らない」「体重が戻っても、締りがなくなった」と嘆いているママは、少なくないでしょう。

「産後の体型変化は当たり前」「高齢出産だから仕方ない」なんて思っていませんか?

 

体質変化の原因は、骨盤の歪みです。歪みの改善が、悩みの解消となります。

 

 

産後の骨盤とは?

妊娠すると、出産するまでの間に、骨盤はゆっくりと開いていきます。

 

出産が終わると、3~4ヶ月、遅くても6ヶ月で元の状態に閉じると言われています。

 

この時期は、骨盤を締める靭帯が緩んでいるため、骨盤は歪みを起こしやすい状態になっています。

この時期に、骨盤が歪んだ状態になると、そのまま固定されてしまいます。

 

逆に、この時期に骨盤体操などを行うと、骨盤を正しく整えることが出来るというワケです。

 

 

 

産後の過ごし方

産後1ヶ月・・出産という大仕事は、体への影響が大きいため、体を休めなくてはいけません。

 

体内では、妊娠中に多く分泌された特定のホルモンの減少、子宮の大きさが元に戻るなど、忙しく変化しています。

 

体を元にもどすための養生期間として、無理をせず、ゆっくり過ごすようにしましょう。

 

産後2~3ヶ月・・カラダの痛み落ち着いて、少し余裕が出てくるかと思います。

 

しかし、まだ正常な体ではありません。激しい運動などは体への負担が大きく精神面にも影響します。

生活リズムを整え、筋力・体力の回復のため、ストレッチなどで、少しずつカラダを動かすようにしていきましょう。

 

正しい姿勢を心がけ、骨盤の歪みを防止しましょう。

 

骨盤は、3~4ヶ月、遅くても6ヶ月で元に戻り固まります。

歪んだまま固まらないように、この時期にしっかりと予防しておきましょう。

 

産後4~6ヶ月・・生活リズムも整い、体も正常に戻っています。

 

筋肉の回復には、個人差がありますが、何もしていなければ筋力は落ちたままです。

エクササイズやストレッチなどで、筋力回復をしましょう。

 

筋力低下は、骨盤を歪ませますので、しっかり行いましょう。

 

 

骨盤の歪みと体型戻し

産後の過ごし方によって、骨盤に歪み生じると、骨盤周りの血流やリンパの流れが悪くなります。

 

これにより、代謝機能が低下して痩せにくいカラダとなります。

 

また、骨盤が支える内臓が下に落ちて、その隙間には脂肪が入り込みます。

 

ポッコリお腹・たるみの原因となります。

骨盤内の子宮や卵巣にも影響して、婦人科系の病気を引き起こすことになるため、骨盤を正しく戻すことが重要となります。

 

3~6ヶ月の間に、骨盤を正しい位置に戻すことが、産後の体型戻しに大切になります。

骨盤矯正は、ホルモンバランスも整うことになりますので、しっかり行いましょう。